PORSCHE
New Porsche 911(991) Carrera S 試乗レポート       2012.3
Reported by 猫原様 
車を愛する愛猫家〜猫原さんより、日本デビューしたばかりのNew911(991)の試乗レポートを頂戴いたしました〜!
 
ご無沙汰しております、猫原です。この度新型Porsche 911 carrera S のテストドライブをして参りましたので、僭越ながらレポートを送らせていただきました。
試乗したグレードはCarrera Sで400bhp仕様です。エクステリアの変化で一番大きいのはやはりリアデザインです。
正直写真で見た時には「・・・」となってしまいましたが、実際見ると「意外とカッコいい!」と感じました。
久々に運転する911、しかも新型ということで胸を踊らせてコクピットに乗り込みました。
997とは全くインテリアデザインは異なり、カイエンやパナメーラと同じような雰囲気です。体が大きいせいもあり、少し狭く感じてしまいました。
個々のパーツの仕上げや全体的な質感は文句なしの素晴らしさです。写真はありませんが、キーも最近のポルシェらしく車の形を模したものでした。
 
キーを差し込み、エンジンを掛けると想像以上の爆音でした。一番印象に残ったのはここです。
この車両にはオプションなのかよくわかりませんが、可変バルブマフラーのようなものが装着されており、車内のスイッチで爆音モードと静音モードに変えられました。
爆音大好きな私はもちろん爆音モードで(笑
実際に走行を開始して感じたのはPDKの進化です。997のPDKと比較するとかなりスムーズな印象を受けました。
またそれに伴い、加速感もかなりアップしたように感じました。カタログ値では0-100km/h 4.3sとのこと。。。
コーナリングは相変わらずの素晴らしさ。安定感抜群です。
また市街地をゆっくり流した際の感覚ですが、足はマイルドな味付けで非常に乗りやすかったです。
短い時間の試乗だったのであまり詳しい事まで感じ取れず中途半端なレポートになってしまいましたが、ご参考までに。。。
猫原さん、速攻のレポーポ・・・本当にありがとうございます!(o^-')b 3年後にはぜひSCJに(^^;
 
掲載NGの場合はご連絡ください