激闘!CarNAVI装着〜その3
ALPINA B10 3.2  BMW E39     2002.9
  
B10 3.2・・・つまりインパネは、BMW・5シリーズです。1DINしか無いスペースにどうやてNAVIを装着するか!?
Panasonic HD-9000WD ・・・・ 大奮発してHDDのナビをGET! これがオンダッシュタイプなんです(^^ゞ


これが購入時のNAVI&オーディオ。BMWの弱点、1DINしかオーディオスペースが無いんです。下段は謎のオンボードコンピュータ。でもあまり使い道が無いかも(T_T; そのおかげでNAVIをダッシュ上に付けたくなければインダッシュ式のモニターにするしかないんです、普通は。でも今回は、インダッシュ式を止めます。走行中の振動と後付け感を払拭したかったんです(^^ゞ


NAVI本体と、アンプ&CDチェンジャーもトランクです。
さすがに中古車だけあって、NAVIも旧めで使い辛いんです。目指すは、ダッシュボード上には付けないで、しかもインダシュ式では無いモニター(ここですでに矛盾がある・・)を使ったNAVIに換装。それにMP3対応オーディオ・・・。



しかし、この壮大な?計画が死のロードにつながるとは、この時点では知る由もありませんでした
(って覚悟はしてましたが(^^ゞ)

まず、リアシートを外します。結構簡単に外れます

その下には吸音材がたっぷり!
さすが、プレミアムセダン(^_^);;


トランクのNAVIも外します。これまた、防音材や内張りがぴったりはまっています。恐るべし、内装付きクルマ・・・
(他のクルマはロクに内装が無いもので(^^ゞ)


トランク/コンソール間のハーネスはカーペットの下を通っていました。さすがプロがつけたNAVI・・・ハーネスは、絶対に室内からは見えないDEEPな底に埋もれていました。これだけでも膨大な作業です・・・(T_T;


助手席も外します。このとき、エアバッグセンサーのコネクターを外すとチェックランプがつきっ放しになりますので、意地でも外さないで頑張ります。でもそのおかげでシートを車外に出せず、作業性が著しく落ちます・・・とほほ・・・。


カーペットの下にも、NAVI関連機器が!?
TVチューナーかな?もちろんこれも取り外します。
しかし、取り付け場所に事欠いて、こんなところに
機器を隠しているとは・・・。恐るべし、プロの仕事!?

もう室内はグジャグジャ・・・
まるで空き巣にあった部屋のよう・・・。


コンソールの各種機器も外します。幸いなことにオンボードコンピューターを外しても、例のチェックランプは点きませんでした。ラッキー。・・・と、ここまで来るのにも、すんごく大変です。でも、まだ全工程の20%ぐらいしか進んでいません。


これが取り付けるNAVI・・・えらく大変そう(^_^);;
オーディオは1DINのCD&MP3対応のものを付けます
(ちなみに1DINしか入りません・・)


まずはオーディオを取り付けます・・・
純正の配線を追っていきます


トランク内の純正アンプも配線を確認・・・・


どうもアンバイが悪く、スピーカーまで配線を追います。

ご丁寧にフロント片側だけでも3個のスピーカーがあります。
しかも直前でアッテネータで分配させる方式では無いんです!

結果的には、オーディオの配線を追うのに
凄く凄く凄く凄く、苦労しました。


普通、オーディオを換えたら、その内臓アンプでスピーカーを鳴らします。でも、ALIPNAは(BMWは?)コンソールに来ている配線は、スピーカーケーブルではないんです。純正アンプのLINE-INなんです。つまり直接スピーカーまではつながっていません。しかも、純正のアンプは、3Wayスピーカーをアッテネータで分岐させるのではなく、個々のスピーカーを独立して増幅していました・・・えらく贅沢な仕組みです。

今回のオーディオは奮発して、MP3対応のものにしたのですが”偶然”LINE-OUTのピンプラグが付いていました。もし普通のスピーカーへのOUTPUTしか無いオーディオでしたら、使えないところでした・・・あ〜危ない、危ない・・・

それにしてもこの仕組みは分かるまで
膨大な時間がかかりました・・(T_T;


続いて、清水の舞台から飛び降りてインパネにメスを入れてしまいました・・。ホントはあと2cm切り込む予定でしたが
金属製のフレームに当たってしまい、ここまでしか切れませんでした。


ONダッシュ型のモニターを、INダッシュ(?)につけるために大胆なことをしてしまいました。10年後の下取り低下額と、その間の満足度をハカリにかけた末の苦悩の決断でした(おおげさ(^^ゞ)

モニター固定方法も、かな〜り考えた挙句、どうにか目処がつきました。ここまできてどうにか峠を越えることが出来ました。


オーディオの接続は前述の通り、LINE-OUTのPINプラグで”純正”オーディオのアンプへ接続しました


これは、NAVIモニターのケーブル。トランクより、カーペットの下を通り、遠路はるばるここまで来ました(^_^);;


1DINオーディの左右が寂しいので、ウッドパネルを
流用して装着することにしました。


切ってみると、アルミのベースの上に何層もの薄い板が・・・。本物の木なのですが反りや歩留まりを考慮してか合板でした

それにしても熱を加えないで切るのは、細心の注意が必要でした。熱くなるとすぐに表面のクリアが剥がれてしまいます。

どうにか、INダッシュと言うか(もちろんONダッシュでもない)
この部分に装着できました。

<改造前>

←これが、純正のインパネレイアウト・・・

普通、1DINのNAVIモニターを付けるしかないのですが
下記の様に、強引とも思われる手法でモニター装着しました。



実はインパネレイアウトをかなりいじったんです(^_^);;

 ONボードコンピュータ、撤去
 エアコン操作ユニット、移動
 トラクションコントロールSW、移動
 カップホルダー、移動
 各種スペーサー、作成
                  etc.
<改造後> はい、これが完成図・・・我ながら良い仕上がり!? 自画自賛(^_^);;
今回は予想をはるかに越える難事業でした(^_^);; 

主な作業&ポイントは・・・


NAVI装着
 ・リアトレイ、脱着
 ・リアシート、脱着(コネクターを外さないように)
 ・助手席、脱着
 ・カーペットの下での配線
 ・モニターの強引設置(^_^);;
オーディオ装着
 ・純正配線調査
 ・アンプへのLINE-OUT出力
 ・アンプの電源コントロール信号
 ・ウッドパネル、加工

一言で言えば、単なるNAVI交換だったのですが、実はあまりにも大変で泣きそうになりながら作業してました(^^ゞ 
 
こんなネタにお付き合い頂き、ありがとうございまし(^_^);;

 
※画像掲載がNGはご連絡ください
戻る