JAGUAR    New XJ    しゃれた紳士ご用達!?     2003.4
  
概説 ジャガーのラインナップの頂点、XJ・・・・オールアルミボディーと(ジャガーにしては)広い室内にて、久振りにフルモデルチェンジ!はたして、ドイツ車が幅を利かせる高級車市場に食い込めるのか!?(^^;
エクステリア XJですから冒険はできませんよね〜。完全なキープコンセプト、でもそれで良いんじゃないでしょうか(^^; 下手に変えたら売れませんよね、きっと。フロントマスクはカタログじゃ格好が良いのですが(3枚目画像)、実車を見ると間が抜けているような気がします・・・ナンバーが付いていないからかな〜? でも日本の四角いナンバーじゃイマイチかも・・・。リアストップランプはLEDぽかったです。
インテリア さすがに最高級車・・・X-Typeとは品質が違います(^_^);;。当然ながら良いです。フルトリムの内装っぽく感じますが、ダッシュまで革が張ってあるのは、最上級グレードのみでした。気がついた点は・・・・室内ドアノブの中にツイーターがありました(画像参照)。肘掛の物入れのフタの動きが凄くスムーズ・・・たぶんローラーベアリング内臓。ちとやなのは、室外のドアハンドルが華奢というか、剛性がありませんでした。プラ・メッキの部品なのですが、(大げさに言うと)ぐらぐらしています。ちょっと高級感台無し・・・乱暴に扱ったら壊れちゃいそう!?(^_^);;
居住性 これまたお約束の包まれ感?が強いです。フロントは低い座面に足を投げ出して、着座します。ダッシュボードはえらく高いです。絶壁のよう・・・何かの穴にはまってしまったような感覚です。リアは広くはなりましたが、必要十分ギリギリという広さです(つまり旧・XJは必要十分ではなかった(^^;)。でも居心地はよかったです。
エンジン

走行Feel
走ってないので良く分かりません(^_^);; エンジン的には、全てV8、3.5Lと4.2L、それと4.2L・スーパーチャージャー(406PS)の3タイプ。最速のXJRは、0-400mが5.3秒だそうです。ジャガーも一応、高級車パワーウォーズにお付き合い・・・。それよりジャガーのエンジンって思いのほかスポーティーなんですよね〜噂では・・(^_^);;
ひとこと 見に来ていた人たちは、みなさんご年配の方でした(^_^);;
  
  
戻る