DINOメンテナンス   ブッシュ、今さら溶接 (^_^);;    2003.4

通常、ブッシュは溶接(点付け)によって固定されているのですが、MyDINOはされていなかったんです(^_^);;


まずはクルマを上げてタイヤをはずして・・・・


サスペンション・ブッシュの確認。

う〜ん、確かに溶接されていない。

では、アーク溶接で、点付けしました。

本来はサスペンションアームを外して
行った方が良いのですが、今回はこういうことで・・・(^^ゞ

実は、サス回り点検中にステアリングのガタを
発見しちゃいました(T_T; う〜ん、これも直さなきゃ・・・
 
実は、今回のブッシュ溶接漏れは、Wさんに教えていただきました。 感謝です!> Wさん

で、なんで溶接していないといけないかというと・・・

溶接して無いとサスが動くとき、ブッシュとボルトの間が動かずにブッシュとサスアームの間が
動く可能性があります。もしそうなるとその部分が擦れて(金属同士)クリアランスが大きくなります。
次にブッシュを交換したときもサス側の磨耗までは交換出来るわけ無くクリアランスが大きいまま
・・・つまり年々アーム側のガタが増えていってしまう事となります。


それを防ぐために、
ブッシュとサスアームの間を固定する(=溶接する)・・・という事らしいです(^_^);;


戻る