FERRARI       【祝】マサユキ家 Californiaご納車です!        2009.7
Presents by マサユキ様 
フェラーリ・カリフォルニアの納車の模様を、マサユキさんのブログよりご紹介させて頂ける事となりました!ぜひとも素晴らしいレポートをご覧くださいませ〜(^-^)
みなさまのおかげで25日納車の儀を無事に終えることができました。それでは当日の模様を詳細に記してみます。
少しでも多くの方にFerrariの納車ってどんなものかお伝えできたら幸いです。 写真いっぱいですがへたくそですみません^^; 
ロッソくんかしょ〜まくんを持参したかったw
 
24日の昼品川から新幹線で兵庫県の実家へ 新神戸からは親父のW221で移動。このW221とC199SLRマクラーレンとの2ショットも今日で見納めです。
翌日にはここに赤いのが並ぶことになると思うとわくわくします。
その日の夜は明け方にかけて嵐のような天気で、風の音で目が覚めました。風だけならまだしも朝9時ついに猛烈な雨が。
ただ幸い強風のおかげで雨雲も超特急。 10時に到着する頃にはパタリと止みました。
この辺りの強運というか、天気まで引き寄せる力は本当に凄いと思います。
  
車両は何で運ばれて来るのか 赤いFerrari!!って書いたトランポできたら最高だなー って思ってたら 表に見覚えがあるトランポがw
なんといつもSLRを運んでもらってるAMSさんじゃないっすかw  どうもどうも 毎度!って感じでしたw
トランポの後ろからはひそかにビアンコの612スカリエッティも到着。東京からわざわざ来てくださったA店長と関西営業のYさんです。
  
挨拶もほどほどにして雨が上がってる間に下ろしちゃいます。 いつ見てもトランポって年々進歩が凄いです。
徐々に姿を現すにしたがって興奮も最高潮にw
 
全貌が明らかになって その場のみんなが思いました スクーデリアにしてよかった!!!めちゃくちゃいい色です◎
 
いよいよ路面に降り立つためにEgに火が入ります。 Egをかけた瞬間 少し低めの爆発音 いい 本当にFerrariだ!!って思いました。
 
いよいよこの瞬間がきました。車を納めると書いて納車
SLRもまさかこんな真っ赤な新入りと同居することになるとは思ってもいなかったことでしょうw  Ferrari初?電動ドアミラー!
  
いただいたフラッグが写りこんでます。
一旦家に入って、引渡しの調印式 。ここで、ボンヌとギリギリまで準備してた納車祝いの1/18モデルのアンベール AutoArtの回転台に載せて 
内装を実車と同じブルースクーロに塗り替えてあります。
手前にあるSLRはCMCのモデルで、超精密にできてます。ボンネットの開閉方法やヒンジまで全て完璧に再現されてます。内装も実車と同じ革を使用するこだわりよう
コーンズさんからはマグカップやキーホルダー等いろいろいただきました。
 
外に出てYさんからコックピットドリルを受けます。 Ferrari初の電動ハードトップ!!
 
早い!!動きも大きいから余計に早く見える。 SL比2倍くらい。 実測でも13秒とかなり早いです。
向かいの家の青と街路樹の緑にロッソスクーデリアが映えて絵画のようです。美しい 。ワイパーが二本なのに一本に見える 変わってます。
 
操作方法もなんとなくわかったところで恒例の安全祈願へ。 仲良くしていただいてる三田天満宮へ
California 612 W221の隊列で出かけます。 田舎なだけに目立つ目立つw
  
厳かな雰囲気の中無事に祈願していただくことができました。 見物人の中からは恒例?の値踏みの声^^;
3500万?3500万!で決定w SLRのときは2000万だったのに^^; この後もいたるところでFerrari様の威光を感じることができました。
Ferrariというだけでみんなが喜び 称え 畏れ 今まで築いてきたブランドイメージには感心しました。特に40代の方が一番強く摺りこまれてますw
宮司さんまでデジカメを取り出してパシャリw
でも、宮司さんのお父様で前宮司にして父のゴルフ仲間 僕と弟の高校の先生でもあった方が半年前に亡くなってまして
宮司さんが「マサユキ父さんが、SLRのときも『先生(前宮司)とゴルフ行くためにこの車買ってんw』って冗談でもおっしゃってたことを父は本当に喜んでました。
きっとこの車もそう言っていただけると天国の父も喜んでいることだと思います。」って
思わず涙が出そうになりました。本当によくできた新宮司さんです。 今思えば、お線香くらいあげさせてもらえばよかった↓
  
帰宅後改めて試乗へ。DCT最高!!噂に違わないできです。変速時間理論上も体感上も0ゼロ!!Ferrari初の直噴もレスポンス最高!
本当に凄いです まるでF1マチックが一昔前の技術に思えちゃうくらいです。シフトアップ時の変速ショックや回転の落ちが全く 本当に全くないんです。
これ以上の高効率なトランスミッションはもちろん見たことないです。 まだまだ4000rpmまでしか回してないからさわり程度だけど 本当にいいいです。
  

そして、親父が乗って降りてきて最初の一言「これ 楽やわー」ってw  そういう位置づけの車?って笑っちゃいました。
確かに普通に走る分にはSL並みに楽。でも、いざ鞭を入れると最新の跳ね馬そのものです。この二面性にお金を出してる一台だと思います。
正直かなりのお買い得プライスです。

 
戻ってきて、ちょっと100kmほど乗ってきてと言われてSLRにチェンジw   げっそりします^^; 
走り出した、いや座ってEgかけた瞬間から、どれだけCaliforniaがフレンドリーだったかを思い知らされます^^;
最近ドリキンもあり得ない言ってましたが、SLRを鼻歌まじりに片手運転できるスーパーカーとか言ってる雑誌は嘘です。
足は硬いし、完全に車という存在を超えてます。Californiaは本当によくできた車ですが、SLRは車じゃありません。色あせるどころかますます異様な光を放ってます。
UFOをスピード違反で止めるやついないでしょw だから警察のみなさまSLRも取締りの対象にはしないでください 帰りの道でもきっちり狙われましたから^^;
最高の二台だと思います。
 
SLRのときも最後の一台 Californiaも最後の一台・・・・ きっとこれからも親父の最後の一台が続くと思いますが、あきれずにお付き合いくださいw
最後に素直に言わせていただきます。

  「Californiaがマサユキ家に    きたーーーーーーーー!!」
 
  「最新の!スーパーカーに乗れる〜 うんんんん〜」
 
  「この家に〜


  生まれてきて〜


  よかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

マサユキ家の皆様、ご納車本当におめでとうございます!

また素晴らしい納車レポートを拙サイトにて、

ご紹介させて頂きありがとうございました(^-^)

 
掲載NGの場合はご連絡ください