オフ会/イベント
超速報!ジュネーブモーターショー 2006       2006.3
Presents by SONY様  
  ご存知スーパーカーの伝道師・SONY様より、なんと”超速報”ジュネーブモーターショーのレポートを頂戴いたしました!
  まだ雑誌にも載っていない最速のレポート・・・・・ぜひとも皆様ご覧下さいませ(^^;
   




ロールスロイス・ファントムのクーペ版「101EX」です。文句無しにカッコイイ・・・。ドアは後ろヒンジで前に開きます。フロントマスクもファントムと微妙に雰囲気を変えております。いまのロールスのデザイナーは本当にセンスが良いです。ロールスの伝統と、モダンさ、シャープさ、を同時に表現することに成功しています。こちらは残念ながら市販の予定は無いとか。これのオープン版「100EX」は市販が決定しています。 ついに出たポルシェの911(997)TURBOです。リアのオーバーフェンダー化、マフラーのバンパー内への移動、エアインテーク、フロントターンライトのLED化など・・・。ノーマルモデルとの差別化をかなりハッキリ打ち出しております。コレは、人気を得るんじゃないでしょうか?微妙ですが、フロントバンパーのデザインが秀逸。 ランボルギーニ・ムルシエラルゴのマイナーチェンジ版。この無茶苦茶なカラーリングは圧倒的にクリエイティブですね・・・。ホイールのデザインもすごい。さすがランボ。基本フォルムはそのままですが、バンパーなどは完全に新デザインですね。これは良いですね。




フェラーリ599GTBフィオラーノです。フェラーリの新型V12で、マラネロの後継ですね。これはスカリエッティをもうすこしシャープにわかりやすく仕上げた感じです。ただ、リアの2灯のランプがちょっとまだ違和感ありますね。かなりカッコよさそうではありますが・・・。赤はあまり・・・。黒かガンメタでしょうね。 SPYKER CARS C8 Laviolette というSUV。かなり近未来的。こういうクルマが出てきて欲しいですね・・・。ちょっとマセラッティに似ています。 メルセデスGL500です。つまり新型ゲレンデ・・・。これは全くダメですね・・・。まぁ、メルセデスもこれがゲレンデの代わりになるとは考えていない様で、とうぶんはこのGLがでても、従来のゲレンデも併売するようですが・・・。しかし、それにしても、もう少しなんとかならなかったんでしょうか?!
コンチネンタルGTのクルー工場60周年の限定車。日本にも10台くる予定。特注カラー3色(青銀、青、ガンメタ)、カーボンブレーキ、マリナーインテリア価格は未定ですが2400万くらいとか。 BMW6のアルピナ版である B6 Superchaged 価格はなんと2000万円。ベース車の倍近い価格はいくあなんでも、やりすぎです。売れないのも・・・無理はありません。色はお約束のアルピナ・ブルー。 クライスラー・インペリアルです。300Cをベースにしたスペシャルティ。随所にファントムっぽい雰囲気をちりばめて・・・これは売れるでしょうね。
フォルクスワーゲンのSUVのコンセプト。このカタチのまま出して欲しいですね。ホイールも大きくて、やっぱショウモデルはカッコイイですね。
ASTON MARTIN 4ドア。市販は微妙ですが、グッドデザインですね。ただこの手のクルマは人気でも実際に作ったらそんなに売れない・・・ということも結構あるので微妙ですね 右はGL500です。色が濃くなると・・・ちょっといい感じにはなります。いずれにせよ、楽しみなクルマばかりですね。
SONY様、”超速報”・・・本当にありがとうございます!
 
※画像掲載がNGの場合はお手数ですがご連絡ください