CARS 〜気になるクルマ〜   超豪華! フォーカス ST170 特別試乗会(修正版)      2003.6

    

先日行われた日本フォード主催のフォーカスST170の特別試乗会の模様を、友人のO井さんより頂きました(^^;。さすが大手企業主催のイベントだけあって、BIGな企画!!!超・豪華な内容だったそうです。

本当にありがとうございましたm(_ _)m > O井さん

               ぜひとも皆様、O井さんのレポートをご覧下さいませ〜!




フォーカスST170の特別試乗会
に行ってきました。フォード東京の方のご厚意により、会社の元先輩も参加者に加えて頂き2名で参加してきました。
通常の試乗ではディーラーの付近をグルグル回って終わりですが、この特別試乗会では閉鎖されたコースを走るということに主旨を置いていました。

場所は、「群馬サイクルスポーツランド」というところでラリーなどの競技にも使われているそうですが、本来は競技用の自転車が走るアップダウンの激しい道です。会社で自転車同好会みたいなのに入っていますが、あんな上り下りが激しい道を自転車で走ったら、すぐにバテそうです(汗)。

さて、内容ですが2000円という参加費が申し訳ないぐらい内容が濃かったです。
6/8〜13までが自動車関連のジャーナリスト向け、6/14が一般公募の人向けで、この特別試乗会を行ったそうです。
私、O井&会社の元先輩が体験した一般公募向けの内容は、フォーカスST170の商品説明、某ラリードライバーのM.H氏が運転するモンデオに先導してもらってコース内を参加者が自ら運転、某有名ドライバー兼ジャーナリストのK.Y氏&全日本ラリー選手権チャンピョンのN氏による正しいドライビングポジション講座、インストラクター(お名前失念)が運転するフォーカス・トレンドの横に乗り電子制御ディバイスのESPの性能を体験、インストラクター(左腕骨折中のK.Y氏&左足骨折中のK.K氏を除く複数のドライバー)が運転するフォーカスST170に同乗して峠をアタックという内容でした。

実を言うと、イベントの概要については、現地に行くまで詳細な内容を知らされていませんでした。
当日のスケジュールを説明してもらった場で、現役ラリードライバーやドライバー兼ジャーナリストなどがインストラクターとして紹介をされたときには自分の目と耳を疑ったぐらいです。
詳細なことをアナウンスしたら、野次馬が多かったでしょうね。

フォーカスST170、本当に良いですよ。100台しか日本にやってこないのが勿体ないぐらいです。
車庫とお金があれば、2台目として購入したいです(残業代の殆どを投資しているパルサーVZ-Rは手放したくないので、、)。
このフォーカスST170は自分で運転しても楽しかったし、現役バリバリのラリードライバーがアグレッシブに攻めている状態で横に座っていても安定してました。N氏が運転したときは後部座席だったためか、車酔いしかかったのは内緒です。綺麗なサイドターンとかもやってくれました。

実は、このイベントの一週間前にBMWでミニのクーパーSに試乗してきましたが、フォーカスST170の方がシフトのフィーリングとエンジンの扱いやすさでは一枚上手ですね。
あえて欠点を言うとしたら、純正のレカロシートのホールド性に疑問が残りました。私のパルサーVZ-Rには正規品のレカロのSR-3を装着しておりますが、ホールド性ではSR-3に軍配があがります。

フォード東京の営業の人からは「低金利ローンで楽々返済ですよ!」や「100台限定ですが、今なら押さえられます」などの甘い言葉で購入を勧められましたが、あるドライバー兼ジャーナリスト(名前失念)の方からは「パルサーVZ-Rは希少だから大切にね!」という有り難いご意見も頂戴しました。

フォード日本が、このようなイベントを行うのは初めてとのことでしたが、充分すぎるぐらい面白いイベントでした。
プロのドライバーの凄さと、車の性能の高さを感じさせてもらえる機会って、そんなに無いですからね。


同乗体験走行スタート前
手前のトレンドは、EPS体験走行専用

フォーカスST170に囲まれる「モーターランド2」でもおなじみ(?)な某有名ドライバー兼ジャーナリストのK.Y氏
当日は現場指揮官をしてましたが、左腕を骨折していました。

とある参加者所有のフォーカスRS(日本国内で購入される場合はGOOSE NECKで並行輸入のみ)。
フォード東京の方から、日本に正規輸入できない理由を伺いましたが、ここでは伏せておきます。
当日は、この車が一番注目を浴びていたのは言うまでもありません。

O井さん、レポートありがとうございました!
ではみんなでフォーカスを買いましょう!って訳無いか(^_^);;

 
※掲載NGのが画像は連絡くださいませ
戻る