BMW/ALPINA    BMW X5 M 試乗レポート      2010.3               戻る
Presents by 猫原さん
若きエンスー〜猫原さんより、「X5 M」の試乗レポートを頂きました〜!ぜひご紹介させて頂きます(^-^)
本日X5 Mの試乗をして参りましたので僭越ながら久々のレポートを送らせていただきました。
<スタイリング・フロントビュー>

左がX5 M、右が我が家のX5。 車が好きな方は違いがすぐに分かると思いますが、興味の薄い方はどっちも大して変わらないように思えるかもしれません。
大きなエアインテーク、低くされた車高が特徴です。 

<スタイリング・リアビュー>

特徴としては左右2本×2、合計4本出しのマフラー。 あとは太いタイヤでしょうか。フロントが275/40R20、リアが315/35R20 というサイズになっています。 

 

<インテリア>

基本的な変更点は特にはありません。微妙に違うのはステアリング脇に備え付けられたパドルの大きさが大きくなり、操作しやすくなったことくらいです。

<走行面>

写真はこの車の心臓、555psを発揮する4.4L V8ツインターボエンジンです。走り出しは明らかに軽いです。
ただ以前乗っていたCayenneのように「グン!」と飛び出すのではなく、「スルスル」と走り出す感じです。

555psもあれば街乗りで持て余すのではないかと考えていましたが、思ったよりも乗りやすく、X5"M"と付いているのを忘れるくらいです。
アクセルを踏み込むとターボが効き始め軽やかに加速していき、車重が2.5t以上あるのを忘れるくらいです。

コーナーに入ると、BMWお得意のアクティブステアリングのおかげでこれまた軽やかにコーナリングしていきます。

しかしながらMTモードにした際のつながりが悪い。個体差なのかもしれませんが、少なくとも今回乗った個体は非常にギクシャクしたものでした。
M3に採用されているM-DCT Drivelogicを用いればよかったのでは・・・?と感じました。

 
<総評>
非常によくできた車です。ただ、"M"と呼ばれているのにあまりにも刺激が足りない、そう感じました。
コーナリングやストレート加速は確かに良いものでしたが、Mモデル特有のダイレクト感が欠如しているような印象を受けました。
元がSUVなので当然ですが。。 でも・・・スタイリングは非常に僕好みです。はい。
猫原さん、詳しいレポート本当にありがとうございます(^-^)
 
※画像掲載がNGの場合はご連絡ください