BMW/ALPINA    135i 試乗レポート        2008.12
Presents by Eight_Under様


究極の86使い〜Eight_Underさんより、外車好き走り屋さんの気になる存在・
BMW135iの試乗レポートを頂戴いたしました〜!(^_^);;
  
気になるホットなコンパクトFR、BMW135iに試乗してきました。試乗したのは残念ながらATモデル。
■ボディ
ボディは硬いです。自分がヤワヤワなボディばかり乗ってるからそう思うのか?歩道から道路へ出るスロープを通っただけで、ゴチッとした剛性を感じることができました。比べるのもおかしいけどプリウスより硬いです。さすがBMWです。クーペボディだからというのもあると思います。サイズもコンパクトです。街乗りには最適でしょう。車重はとても重いです。
■重量バランス
ステアリングを切り込むと前後重量バランスの良さが顕著に表れます。「デキの良いFR」を感じる瞬間です。デキの悪いFRばかり乗ってるので、これはとても羨ましい部分。上下方向の重心位置はやや高め。車高を前後50mmほど下げれば丁度良いかも?
■ステアリング
アクティブステアリングは、やや不自然な感じがします。どこか嘘っぽいフィーリング。大変な仕事してるのに苦労をドライバーに一切感じさせない、スマートなタイプとも言えます。ハチロクがパワステなしのダイレクトフィーリングなので、何かしら制御が入るとどうしても違和感を感じてしまいます。こういうのは運転楽でいいんですけどね。
■ブレーキ
シャチホコの様な巨大6POTキャリパーを装備したブレーキは普通に前のめりな利き具合ですが、とても頼もしく無敵な感じがします。見た目もカッコイイし、冷えていても良く効きます。あたりまえか(笑)流用されそうなキャリパーです。
■サスペンション
硬いボディと低扁平極太タイヤの割に、しっとりした乗り心地。サスペンションの動きの良さを感じる事ができます。ちゃんと低扁平タイヤ使用を前提としたセッティングですね。個人的には伸び減衰前後2割増しくらい欲しい気がするけど、セッティングの方向性的にはとてもいいと思います。3名乗車だったので1名乗車ならもっとマシに感じてたかも。サーキット走って本質を知ってみたいですね。
■エンジン
エンジンはフラットトルクではあるけれど、ターボらしいターボラグもほのかに感じることができます。穏やかで扱いやすくパワーは十分だと思います。3名乗車でも十分な加速。850kg185psの自分のハチロクよりは加速は全然遅いけど、ターボらしいトルクが盛り上がる特性に、恥ずかしながら少し恐怖を感じました(笑)
■結論
コンパクトなボディがありました。おもしろそうなのでワンランク上のエンジンを搭載してみました。安全装備、快適装備完備しました。重量が重くなりました。タイヤもホイールも太くしました。ブレーキも強化しました。面白いけど危ないクルマになりました。電子制御を介入させて安全で楽に速く走れるクルマになりました。ダイレクト感が犠牲になりましたが、近年稀に見るホットなコンパクトFRが生まれました。ということで、
「難しいこと考えずにサラッと駆け抜けて喜ぶべき、重量級コンパクトFR」
という感じのクルマでした。これを街乗りコンパクトとして使ったら、とても面白そうですね。
これをベースに、サーキット用にフルチューンしてみるのも面白いと思います。
Eight_Underさんのブログです----> 地球のあそび方
 
それにしても玄人顔負けの素晴らしいレポート・・・Eight_Underん、ありがとうございます(^_^);;
 
※画像掲載がNGの場合はご連絡ください